So-net無料ブログ作成
検索選択
人気ブログランキングへ

人の群れの中で思う事。 [日々記]

K20D6676.jpg

この間、電車で気の強そうな女性がカーブで車両が傾いた時に体がくっついたという理由で目の前の中年男性に抗議していましたが、その際の選ぶ言葉がとても信じられない物でした。
聞いているこちらの胸がキュウウウと閉まる様な言葉でした。

人間は心の中に醜い部分を持っていますが、抑えがきかず暴走してしまい容易く醜い自分を表に出してしまう方をたまに見受けます。
接した感じの雰囲気が全く普通に見える人でもある日豹変し攻撃に転じてくる事に恐怖を感じます。

人に対しての思いやり、この事を改めて考えさせられてしまう出来事でした。
nice!(0)  comment(4)  trackback(0) 

nice! 0

comment's 4

ぴー

稀に精神状態不安定になり
稀に攻撃的になり
稀に人を傷つける言葉をゆってしまってます
そしてその度に落ち込みます

もっと!もっともっと!!ってとこが
本日の私の日記にかぶってまして
私、勿論ここ読む前に書いたので
わ!とびっくらこきました
by ぴー (2009-09-08 11:36) 

Aoi

ぴー>
それで落ち込むならば良心の希釈ありで十分『正常』です。
それが普通の人の考え方です。
相手の事を思いやれるのはとても大事な事。

今回ぼくがこのエントリしたきっかけは傷つける言葉を言ったりなじったりした時に自身の中で『相手』が見えていない方を何度か見受けたからです。

ちなみに隠れ設定ですが、この電車事件の同日に違う駅で男性が「ウワーーーン!!」と泣きじゃくりながら走り去って行き、それを駅員が「マテー!」と叫びながら追っかけていきました。

とても悲しい気分になりました。

私の日記にかぶってまして>青い糸で結びましたね、君が。それも無理矢理にw


by Aoi (2009-09-08 11:59) 

もんちゃん

どんな状況に陥っても冷静でいられる
そんな海の様な山の様な人でありたいな

by もんちゃん (2009-09-08 16:17) 

Aoi

もんちゃん>
武田信玄の伝記を読んでみなさい。
武田信玄は日本史上、他に見る事の出来ない兵法家と言われています。
彼がなぜその名声を獲得する事ができたのか。
なぜ風林火山なる物を発想できたのか。
なぜ『常』に冷静でいられたのか。

信玄は戦の前から既に勝敗を決めていたといいます。
それができたのはなぜか?

読めば読む程答えが出てくると思います。
僕は井上靖の風林火山を読んで、信玄の人生のテーマが「人間とは」だったんじゃないかと思いました。
人は石垣、人は城。
信玄の残した名文句です。

下手な心理についての書物を読みあさってバカの一つ覚えの様に感慨を受けるよりもよっぽど役に立ちます。
歴史に名を残した人物の生き様を読み、そこから自分で想像して何かを得る事も大事です。

by Aoi (2009-09-08 18:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

track back 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。